弔電とは

弔電とは、やむを得ずお通夜やお葬式、葬儀、告別式に
参列できないときなどに、喪主・親族に対して
弔意を表す電報を送る事を「弔電」と言います。
弔電は祝電のようにお祝い事に贈る電報とは違い、
ご霊前やお悔やみに対して送る電報なのです。


弔電の打ち方と言っても、いざ送るときには
どうやって文章をうてばいいのか迷うものです。
ですが今はNTT電報や郵便局の電報のレタックスなど、
弔電を扱う電報会社から、様々な弔電の文例や例文が
出されているので、参考にしながら弔電の文章が
簡単に作れるでしょう。


弔電の打ち方にも知っておかなければならない
基本やマナーがあり、相手の不幸の知らせを受けて、
葬儀や告別式、お通夜などに参列できない場合には、
すぐに打電する事です。
遅くとも、告別式の3時間前までに届くように手配するのが良いです。
弔電を遅らせて喪主や親族に送るのは
マナーに欠けていると思われるので
注意が必要です。


弔電は略式なものであるので、
「形式的なもの」と思ったほうが良いでしょう。
あなたが生前お世話になった方や、大切な方であった場合には、
弔電を送ったから、後は関係ないなどと思わずに、
ご遺族と連絡を取るなどした上で、
出来るだけ早い時期に弔問するように心がけるとよろしいです。


弔電@弔電完全ガイドでは、弔電の打ち方や送り方、
弔電やお悔やみの手紙の際に使用する敬称の紹介、
弔電の文例や例文、お悔やみの手紙を出す方法など
様々な弔電に関する情報をご紹介していきます。


弔電はマナーを守って送りましょう。

弔電の送り方

弔電の送り方についてですが、
弔電は不幸があった場合に、
その葬儀式場へ駆けつけられない場合に
送るのが弔電の基本であります。


お悔やみに対する電話でのやりとりが
行われない背景には、喪家では準備や弔問客の対応で忙しく、
色々な連絡のために電話を使用することが多くなり、
相手にとって、迷惑的な部分が大きくなるために、
弔電と言う電文を用いている部分が大きくもあります。
この事からも、くれぐれも電話でのお悔やみは慎むようにして、
相手の遺族の事を考えた行動が必要でしょう。
そのためにも弔電のあり方は大きいものです。


弔電の送り方にもマナーや基本があるので、
注意すべき事柄は心がける必要があります。


電話で弔電を打つ場合はNTTの115に電話をかけます。
受付時間は午前8時から午後10時までになりますが、
注意が必要なのは午後7時以降の申し込みは
翌日の配達となるので気をつけましょう。
うっかりしていると、日時を間違ったり
勘違いしたり、忘れてしまい、お通夜や葬儀、告別式の
時間に間に合わないという事が起こってしまうので
気をつけたいものですね。


弔電のインターネットによるNTTサイトでの申し込みは
24時間受付しています。
配達も近年の交通網の発達により
昔とは比べられないものになりましたが、
各、電報会社の配達時間もここで確認しておきましょう。


出来ることならば、葬式や告別式の前日までに
弔電の申し込みを済ませておくのが良いでしょう。
社葬や団体葬のように前もって日時がわかっている場合、
期日指定で3日前までに申し込めば、ntt電報なら
一通につき150円の値引きになります。
弔電や電報の打ち方がわからない場合は、
115で親切、丁寧に教えてくれるので
心配なく聞いてください。


現在ではntt電報以外でも弔電を扱っている会社もあり、
有名なところでは、郵便局のレタックスなどもあります。
弔電の様々なサービスや注意事項は
その会社に詳しく聞いたり、ホームページなどで
調べてみるのもいいですね。